2017年7月7日金曜日

日名子実三のシェパード像 ブック・スタンド

日名子実三は幾つか動物の像でメダルを制作していますが、これはシェパードをモチーフとしたブックスタンドです。
ちゃんと2対あり、そのどちらにも同じレリーフがあります。
このシェパードの像ですが、他にも化粧品用のコンパクトに用いられていることが確認されており、もしかしたら使用権をデパートなんかの業者に渡したのかもしれません。
ただ、このブックスタンドの円形のレリーフをみると、もともとはメダル用に制作したのかも。

日名子はシェパードの他にもエアデールテリアを飼っていたらしく、多くの軍用犬のメダルにその姿を描いています。
第二回軍用犬展覧会 メダル

犬好きの彫刻家として知られる作家には、他に藤井浩祐が上げられますね。
犬の著書まで出しています。

逆に猫好きは、朝倉文夫や木内克です。
犬を好む彫刻家と言うのは、その構造物としての確かさを好むのでしょうね。猫のような柔らかい姿を好む彫刻家の方が少数のような気がします。
その二者は交わらないのでしょう。そう考えると、日名子が朝倉文夫から離れた理由はそこにあったと言えるかもしれません!

また、馬と言えば、池田勇八。そして、皇居前広場の楠木正成像の馬像を制作した後藤貞行に、近衛騎兵だった新海竹太郎。
高村光雲の老猿のように猿、獅子、兎、牛、猪などは彫刻のモチーフとして多く使われています。

メダルで言えば、齋藤素巌のホッキョクグマといった変り種もあります。
このホッキョクグマとライオンは、1902年に、ドイツのハーゲンベック動物園から上野動物園に贈られたものだと思われます。

そして日名子の山羊。
このメダルは東京市で行われた「動物写真撮影週間」記念章です。
このイベントがどういったものかはわかりません。
そのモチーフに山羊を選んだのは何故でしょう?

動物をモチーフにしたメダルは、まだまだ探すとありそうです。
干支ぐらいはコンプリートしてみたいですね!

2017年7月1日土曜日

展覧会参加のお知らせ

もう2017年も半年が過ぎました。
昨年の岐阜県博物館マイミュージアムでのコレクション展では、テンヤワンヤでありましたが、私の敬愛する先生方にも会えて、素敵な一年でした。
今年もどこかで展示を行いたいと思っていたところ、東京の小平市平櫛田中美術館様からお声を掛けていただき、9月よりメダルを主とした特別展に参加させていただくことになりました!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
平成29年度 特別企画 「メダルの魅力
会期:9月13日(水)~11月12日(日)
小さなメダルの中には彫刻家の世界が広がっています。メダルに魅せられた蒐集家のコレクションを中心に、メダルの魅力をご紹介いたします。
http://denchu-museum.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
先のコレクション展でお見せした作品に加え、新たにコレクションしたメダル等と、畑正吉によるレリーフなどを展示したいと考えています。

また、私のトークイベントなども企画されているようですので、詳しいことはこのブログで紹介していきたいと思っています。

日本の近代MEDAL ARTを世に知らしめるべく、残りの半年も精一杯活動していきます!

2017年6月16日金曜日

清水久夫著 「土方久功正伝 日本のゴーギャンと呼ばれた男」を読む

彫刻家で詩人の土方久功は、膨大な日記を残しており、現在それは国立民族博物館に所蔵されています。
この本は、その内容を読み解いて、まさに「正伝」として書かれたものです。

私もこの日記をいつかは読んでみたいと思っていますが、いつのことになるやら...

さて、本書では土方の南洋生活を中心に書かれているわけですが、やっぱり私の気になるところは、土方が私の地元岐阜県に疎開してからのエピソードです。
昭和19年から23年まで、岐阜県可児市の土田(当時は土田村)に疎開した土方ですが、体調を崩し思うような生活はできなかったようですね。

それでもいくつか当地の詩を残していまして、抜粋ですが
『...夏ノ終ワリカラ秋ニカケルト 大田ノ町ノ裏手ノ 山ノ上ノ果樹園二 梨ガ 葡萄ガ 富有柿ガミノリ...」などとあります。

土方が住んでいたのは可児市で、木曽川を挟んで向かい側に美濃加茂市の太田町がありました、昭和2年にできた大田橋を渡り、太田に来ることができたようです。
「山ノ上」とは太田町の北にある山之上町を指していると思われ、現在でも果樹が多く栽培されています。中でも有名なのが「堂上蜂屋柿」で、土方も「富有柿」と品種で呼んでいます。

昭和21年には、岡本一平が西白川村から加茂郡古井町(現美濃加茂市古井町)に引っ越してきます。亡くなったのが23年なので、土方の土田時代と重なりますが、二人に交流は無かったようです。

それと、現在土田にある立派な病院「地域医療機能推進機構可児とうのう病院」が土方夫妻が建てた診療所兼住宅だった病院が発展したものかどうか確認取れていません。
>昭和21年5月「健康保険土田病院」として開設
とサイトにあるので建てられた時期は合うのですが。


さて、画像は土方久功の1955年の個展葉書です。
土方の3回目の個展にあたり、木彫レリーフを20数点、ブロンズ4点とパラオ時代の絵画を展示したようです。
送り先は「中村博三郎」宛てで、彼は「明治の彫塑」の著者である近代彫刻の研究者ですね。

2017年6月4日日曜日

亀山上皇銅像 儀損金の領収書 

面白い資料が手に入りました。
元寇記念碑設立の為の儀損金の領収書です。
元寇記念碑は、現在でも福岡市に建っています亀山上皇の銅像を指します。
上皇の絵葉書を持っているかと探してみましたが見当たらず。
しょうがないので、Wkiの画像

この像は、福岡県警務部長だった湯地丈雄氏等によって明治37(1904)年に建立されます。
実は亀山上皇のある東公園近くに、竹内久一作の日蓮上人像も建っています。
企画は亀山上皇像の方が先でしたが、建立は日蓮上人像の方が僅差で少し早いのですよね。
その理由に日蓮上人像のバックに、東京美術学校と(プライドの高い)岡倉天心がいたからではないでしょうか?
そして、もう一つ理由があるのですが、それは後に書きます。

銅像の原型は山崎朝雲。
その原型木造も現存します。
以前、山崎朝雲による「敵国降伏」の書を紹介しました。
「敵国降伏」は亀山上皇の言であり、福岡市の銅像の台座にも刻まれています。
その繋がりで、この書があったのかもしれません。

さて、上記の領収書ですが、明治29年と書かれています。
15銭を儀損金として支払ったようです。
現在に換算すると3000円くらいのようです。まぁ、義理で出せる金額ってとこでしょうか。
この儀損金、最終的にはいくら集まったのでしょうね。
とはいえ、この集金の一部は使われなかったと思われます。
それが先に書きました、亀山上皇像の建立が遅れた理由の一つで、実はこの集まった儀損金は横流しされたようなのです。
下の記事を参考にさせて頂きました。

明治25(1892)年、時の松方内閣は解散を行い、第2回衆議院議員選挙が行われます。
その時、内務省と地方の知事によって選挙干渉が大々的に行われ、警察の動員によって死者を出す結果となります。
安場保和知事であった福岡県でも2名の死者が出て、その結果、安場知事は辞任することになります。

この時、元弘記念碑のために集められた金が、選挙干渉の為の資金として使用されたと言います。
そして、上皇像設立企画は頓挫、日蓮上人像のバーターとして上皇像の建立が再企画されるまで時間がかかったというわけです。
藩閥政治下にとって、野党は、元寇と同じだったってわけでしょうか。
この銅像の最初期の図案は、元寇に対峙する騎馬像だったと言います。
すべての儀損金が無事であれば、現在以上に大きな銅像が建っていたかもしれません。

それと、この領収書には手紙が同封されていたのですが...まったく読めません...
もし、先に書きました流用の件について何か書かれているとすれば面白いのですが...

2017年5月30日火曜日

まだ見ぬメダルたち その2

日本の彫刻家の中で、初めて自身の作品としてのメダル制作を行った作家は誰か。
私はそれを新海竹太郎だと考えています。

新海と言えば、1907(明治40)年の第一回文展出品作「ゆあみ」が有名ですが、他にも市井の風俗を描いた「浮世彫刻」など、幅広い仕事をしています。
新海竹太郎は日本彫塑の祖と言えるでしょう。

そんな彼のメダルとは、欧州留学より帰朝後、1902(明治35)年の太平洋画会展に出品された「少女浮彫凹型」と「婦人メダル用原型」が最初期のものだと思われます。

・少女浮彫凹型(少女像) 東京芸術大学大学美術館蔵


・婦人メダル用原型(裸女?) 東京芸術大学大学美術館蔵

これら原型を使ったメダルを、私はまだ見た事がありません。
当時においては、こういった裸婦像を顕彰品のモチーフに用いることは難しいことだったかもしれませんね。
しかし、それを提示する所に、当時の新進気鋭彫刻家、新海竹太郎の真骨頂があると思います。
彼が欧州留学中に学んだアール・ヌーヴォーは、工芸品を美術にしました。それを日本に伝えることで、美術と日用品とを結ぶラインが日本にも生まれます。
それによって、それまで彫刻家の片手間仕事だと思われていた雑品制作が、美の作品としてに昇華することになります。
新海竹太郎のこの分野における業績は大きなものだと思います。

2017年5月29日月曜日

黒岩淡哉 作 ペスタロッチ像



黒岩淡哉による「ペスタロッチ」半身像です。
黒岩淡哉は、明治22(1889)年に東京美術学校に彫刻科の第一期生として入学。卒業後は東京美術学校の彫刻科助手を勤め、後に関西に移り、当地で彫刻美術の啓蒙に勤めます。

そんな近代彫刻におけるレジェンドの一人なのですが、東京中心の近代彫刻史には名前が出てこない作家です。
このブログでは2回ほど紹介しています。

そして、この「ペスタロッチ」像ですが、広島文理科大学(現広島大学の母体となった)教育学研究所において、卒業生に渡された記念品だったようです。
ペスタロッチは、スイスの教育学者です。
彼の教育理論が日本に広まったのは、広島文理科大学の教授であり、広島大学の名誉教授となった長田新によって、その研究がなされたことによります。
現在でも、優秀な教育研究者に贈られるペスタロッチー教育賞が、同校にて授与されるそうです。

「ペスタロッチ」像の裏側には「広島八木トンボ堂謹製」の文字があります。
八木トンボ堂は、記念品制作の会社だったようですね。
広島の記念絵葉書などを制作していたようです。

右側には、贈られた卒業生の名前と、昭和8年3月7日、第二回卒業生に贈られたことが刻まれています。

この像を手に取ると、これを受け取っただろう熱い若者の想いが伝わってくるような気になります。
なんだか、ちょっと元気になります。

2017年5月28日日曜日

Intermission 銅像の展示をしてみたい

最近は、このブログの更新が疎かになっていますが、ダレていたわけではありませんよ。
5月の頭から、人に会ったり準備したりと、結構慌しく過ごしています。
また、その結果のご報告を致しますので、それまで少々お待ちください。

さて、話は変わりますが、表題に書いたように「銅像の展示をしてみたい」などと最近考えています。
ただ単に銅像を並べるだけでなく、その作品を触れるようにしたい。
ですのでレプリカでも良いのです。
歴史上の偉人の銅像、または上野の西郷像のような有名な銅像...
そういった像に触れることのできる展示がしてみたい。

触るのことのできる彫刻作品展というのは、無いわけではありません。
そういった展示は、視覚障害者に対し美術を楽しんでもらおうと言った意図で行われているものもあるようです。
私が妄想する展示も、そういった方々に対し、例えば「坂本竜馬」像とか「楠木正成」像とか名前でしかイメージできない人物の「像」に触れてもらおうといったものです。

私のコレクションからも、レリーフの像なんかのレプリカを用意して、それを触っていただければと思います。

いかがでしょうか?
こういった企画も暖めていければと思い、ここに記しました。