2017年2月18日土曜日

まだ見ぬ股間若衆


股間若衆、所謂日本の「裸体男性像」について、戦前から今日までの作品群を眺めてみると思うことがあります。
それは、「裸体男性像」はモデル的な立ち姿が多く、女性像にあるような髪を梳かす仕草、寝姿等生活の中での状況を描いた作品が少ないということです。
裸体でのスポーツや労働の姿はありますが、この「生活の中」での姿は皆無といっていいのではないでしょうか?
http://prewar-sculptors.blogspot.jp/2016/11/blog-post_21.html
特に、「正座」像なんて見たことがありません。
もちろん「正座」姿は、着物などの着姿での坐像は多くあります。
けれど裸の男が正座した姿の彫刻を、私はまだお目にかかったことがありません。
正座した時にペニスをどう処理するのか...興味は湧きます。

原因としては、「裸体男性像」自体が少なく、バリエーションも多くないことが挙げられます。
また、裸体での「生活の中」の姿というのは、女性像においても違和感があるものですが、それは西洋的な文脈によって許されており、ただ男性彫刻家が自身の性を描く時の違和感には抗えなかったということもあるでしょう。
さらに、裸の男の風呂上りや寝姿に、(現代ならともかく)当時は需要がなかったこともあるでしょう。


上記の写真は昭和19年の美術雑誌「美術」に掲載されたナチス独逸の展覧会におけるヘルマン・ツェットリッツァの「裸体男性像」です。
これは横たわる姿ですね。こういう姿も見ません。

ナチスの「裸体男性像」と比べてみるとよくわかるのですが、独逸では男性の裸体、特に筋肉に美を見出しているのですよね。
これが日本の「裸体男性像」にはあまりない。
その代わり、上にある朝倉文夫の像や本郷新の「わだつみ像」の様に、若い肉体に美を見るというのはありますね。
三島由紀夫とか薔薇族的な美意識よりも、少年愛、陰間茶屋的なバンコランな美意識であれば、需要があったということでしょうね。

2017年2月14日火曜日

大正15年 独逸現代美術展覧会 カタログ

大正15(1926)年に行われた独逸現代美術展覧会のカタログを手に入れました。
以前から何度か話題にしていました日本での表現主義受容。
これを知る上では、是非見ておきたかったカタログです。

出品彫刻家(日本語名は原文のまま )
ルドルフ・ベーリング Rudolf Belling

エリザベト・セザール Elisabeth Caesar
ルドウヒ・カウエル Ludwig Cauer
フリツ・クラウス Fritz Claus
ルドウヒ・ダヂヲ Ludwig Dasio 
エルネスト・デ・フィヲリイ Ernest De Fiori
ヘルベルト・ガルベエ HerBert Garbe

ヘルマン・ガイベル Hermann Geibel
ルドウイヒ・キイス Ludwig Gies(メダルを出品)
ヘルマン・ハアン Hermann Hahn
ビリブ・ハルド Philipp Harth
ヲイゲン・ホフマン Engen Hoffmann
ハラルド・イゼンスダイン Harald Isenstein(メダルを出品)

カアル・クナベエ Karl Knappe(メダルを出品)
プリツ・ケレ Fritz Koelle 

ゲチルグ・コルベ  Georg Kolbe

ゲルハルド・マルケ Gerhard Marke
ゲオルグ・ミユラー Georg Mneller
エミー・レデル Emmy Roeder
エドウイン・シヤルフ Edwin Scharff

ケーテ・シヨイリヒ Kaete Scheurich
チエ・エム・シユライネル C.M.Schreiner
レエネ・シンテニス Renee Sintenis

ハンス・デビイヒ Hans Teppich

アルベルト・ウイレー Albert Wille
パウル・ツアイレル Paul Zeiler
ウイリー・チウゲル Willy Znegel

カタログを抜粋
 



★マークのある作家は、1937年の退廃美術展に出品され烙印を押された作家たちです。
作風の違いによって、生の明暗が分かれてしまった悲劇ですね。
この独逸現代美術展覧会が行われた1926年は、ヒトラーの党内独裁権がほぼ確立したハンベルク会議が行われた年です。
このタイミングで無ければ、このように独逸の主要な彫刻家の作品が見られることは無かったでしょう。
ただ気になるのは、この作家の中に当時のドイツで人気のあった彫刻家エルンスト・バルラハの名前が無いことです。
当時、木彫作品の輸送は困難だったからかもしれませんね。
ここで、バルラハの木彫を鑑賞する機会が日本にあったなら、もしかしたら日本彫刻史が変わったかもしれません。

表現主義作家では、エドウイン・シヤルフ Edwin Scharffの出品があります。
彼の紹介には、『1887年ミュンヘン美術工芸学校及美術学校を卒業し、絵画をも良くし各国に学びて、表現派となり、その派に重きをなす。』とあり、「表現派」という言葉が使われています。
この日本で、彫刻の表現主義に言及した作品を鑑賞できたのは、これが最初だったかもしれません。

また、展示の作品の中には、メダルが複数あります。
メダルが芸術表現の一部とされる欧州にあって、これらも日本への展示品にと選ばれたのでしょう。
ただ、その写真が掲載されてなく、どんな図柄だったのかがわかりません。
もし、その図柄がわかれば、それに影響を受けた日本の作家があったかなど、色々と調べてみたいことも増えるのですが。

それと、このカタログの発行は国民美術協会ですが、編集及び発行は彫刻家の小倉右一郎になっています。
なんでもするなぁ~この人は。
小倉のセレクトだろう写真掲載の作品には、彼の作風とはまったく異なる前衛的な作品が多く含まれており、小倉右一郎の器量の広さを感じさせます。
流石です。
ただ、メダルの写真が無いのは、小倉がメダル作品を商業デザインだと考えていたからかもしれません。
小倉右一郎のメダルって、未だ出会ったことが無いのですよね。

ちなみに、この展覧会に出品された絵画も前衛的なものが多かった。






2017年2月12日日曜日

清水三重三、後藤清一 木芽会

「木芽会(もくがかい)」は、1921(大正10)年に、東京美術学校同級生であった清水三重三や笹野恵三、後藤清一らによって結成された彫刻家グループです。
同年、日本橋高島屋にて第一回展が行われます。



上記の資料は、その第四回展のパンフレットです。
1932(昭和7)年4月に日本橋白木屋にて行われました。
参加作家は、清水三重三、笹野恵三、後藤清一、羽下修三 秦紹世、林良三、長田満(也?)、高須俊彦、飛田朝二(次?)郎。

昭和7年は、清水三重三や後藤清一の参加していました構造社が解散し、新構造社となるゴタゴタした年です。
皆39歳前後で、彫刻家としての仕事に油が乗っていた頃の展覧会だったと思います。

「木芽会」は、昭和9年の第五回までは続けられたようですが、その後はわかりません。
戦時の中で立ち消えていったのでしょうか。
同窓生のこういったグループ展が、10年以上続けられるって凄いことです。
立場やしがらみ等あってなかなか集まることができなくなるものですが、よっぽど気の合う作家仲間だったんでしょうね。
特に後藤清一を構造社に誘ったのは、清水三重三であったわけで、その絆は深かったのでしょう。(誘われなかったら後藤は坊主になるつもりだったとか。)


この銅像は、清水三重三の作品です。
昭和17年に制作されたもののようですが、モデルは不明。
構造社解散後の清水は、挿絵の仕事と共に多くの銅像を制作したそうです。
ただ、彼の作品は東京大空襲によってその多くを失ったということです。
戦前の作品をこうして見られるのは嬉しいですね。

2017年2月5日日曜日

横山潤之助作品 展示情報

これまでも何度か紹介してきました画家「横山潤之助」の情報です。
http://prewar-sculptors.blogspot.jp/search?q=%E6%A8%AA%E5%B1%B1%E6%BD%A4%E4%B9%8B%E5%8A%A9

本日までですが、各務原市立図書館にて「各務原市所蔵絵画展」が行われており、彼の作品が5点程展示されています。

今回初めて生で鑑賞したのですけど、やっぱりちょっと見は普通の静物画に見えます。
すごく上手い画学生の作品のよう。

けれど、どこかやっぱり奇妙。

今回の展示には能面を描いた作品が出品されているのですが、これが特に異様に感じます。
あえてその違和感を口にするとしたら、その描かれている対象を画家が愛していないことがわかると言う点でしょうか。
対象を見ていない。 視点が通り越している。

こういのって、それこそ画学生的だと言えるのだけど、それを50過ぎの技量ある作家が行うことがオカシイ。

そう考えるとわかることがあります。
今回の展示作品の中で、横山潤之助自身が鏡に映った自分を描いた作品があるのだけど、この作品だけピントが合っているように思えます。

そして、それ故か、この作品は近寄りがたい。

彼自身に、どこまで障がいがあったのかわかりませんが、正規の美術教育を受けた彼は一般に言う「アール・ブリュット(生の芸術)」とは呼べません。
けれど、どこまでも生々しい芸術ではあるのですよね。
それを再確認しました。

2017年2月3日金曜日

日独伊親善図画 記念品

1937年の日独伊防共協定、そして1940年には日独伊三国同盟が締結されます。
その間の1938年に森永製菓によって募集されたのが「日独伊親善図画」。

以前、いくつかの作品の絵葉書を紹介しました。

これらもまた広義において戦争記録画と呼べるでしょう。

今回紹介しますのは、その受賞者に渡されたのだろう記念楯です。



ブロンズ等ではなく焼物なんですよね。
こんなの子供に渡したら、すぐに割っちゃいそうです。
以前に明治神宮体育大会で、メダルに陶磁器が使われたのを紹介しましたが、これもそういった鉄製品を使用しないためのものかもしれません。

裏面には、「昭和13年」「日独伊親善図画」「森永製菓株式会社」の文字。
表には、男の子と女の子と、その真ん中に仏様が立っています。

こういう記念品に宗教色があるというのが面白いです。
運営者に仏教信仰の強い人が参加していたのでしょうか?

上部に木が立っていることからすると、もしかしらたこれは菩提樹で、そうすると真ん中の仏様は、お釈迦様?
ということは、右側の少女は釈迦に乳粥を渡したスジャータでしょうか。
たしかに、右手をちょっと前に出し、何かを薦めているようにも見えます。
では、左の男の子は誰だろう?

どちらによ、この台座や図柄からは日独伊三国同盟の政治色をまったく感じさせませんね。
裏が無ければ、たんなる仏教の浮彫です。
ますます、この図柄を選んだ人に興味がでてくるなぁ~



そして、底には受賞者の名前が。
この方、ご存命なのかな?


2017年1月30日月曜日

「戦争美術館 分館」構想

1977年9月号の美術手帳は、「戦争と美術」を特集しています。

アメリカ軍によって接収されていた日本の戦争画は、1970年に「永久貸与」として返還されます。
1977年には、その内50点近くが東京国立近代美術館にて展示される予定でしたが、突如それが中止となります。
このBTでの特集は、その件を受けて組まれたものです。

そこで、美術評論家 針生一郎は、こういった官のやり方に反対し、民間による戦争画展示施設「戦争美術館」を提言します。

この針生一郎という評論家が戦争画に対してどのような意見を持っているのか。
私の知っている限りでは、あまりはっきりと態度を表明していないように思えます。
たしかに、できが良くないとか、戦時中の軍の太鼓もち作家への批判とか、そういのはありますが、「戦争画」というジャンルにたいしては、どうも歯切れが悪い。

その理由の一つは、「戦争画」をしっかり観る機会がなかったからでしょう。
さらに、これは私の想像ですが、若い頃に観た聖戦美術展の印象を、彼がうまく処理できていないのではないでしょうか。

だからこそ、戦争画を一同に集めた「戦争美術館」を構想したのでしょう。

この「戦争美術館」構想に私も参加したい。
だからといって民間であればイデオロギーから自由になれるとは思いませんが。

イデオロギーから自由にはなることはできませんが、リベラル的に様々なイデオロギーを雑多に混合した企画はできるかと思います。
そこで私が提案するのは、「戦争美術館 分館」構想です!

それは、個々人が「戦争美術館 分館」を名乗り、自身のコレクションを展示します。
いつでも、どこでも、誰でも、どんなイデオロギーでも良く、その繋がらない点を総して「戦争美術館」とします。
多くの人が参加すればするほど良い。大事なことは、それぞれのイデオロギーを否定しないこと...

まずは、私からこの「戦争美術館 分館」を行いたい。
作品はありますので、後は場所...
どなたか賛同していただける方はいらっしゃいませんか??

★★★★★★★★★★★★

さて、今日紹介する戦争画は、神田周三による油彩で即興的描かれた病室です。
描かれた年は、昭和16年。
場所は、広島陸軍病院大野分院。




神田周三は、明治27年 広島 生まれ 。
中村不折、石井柏亭 に師事し、広島を中心に活躍した画家です。
広島県立美術館には「被爆後風景」など、原爆の悲劇を描いた作品が収蔵されています。

この病室の絵は、どういった経緯で描かれたのか不明です。
広島陸軍病院大野分院は、広島県大野村(現廿日市市)にあった陸軍病院のようです。
これが描かれた4年後の昭和20年、大野分院は多くの被爆者を収容したと言います。

人が描いた作品は、写真と違った意味で生々しいく感じますね。
吐く息や布団の擦れる音、そんなものまで聞こえてきそうです。

2017年1月22日日曜日

スポーツと美術 常陸山による寺崎広業画の年賀状 

今回は、ちょっと毛色の違う絵葉書を紹介します。
絵葉書に描かれているのは、日本画家「寺崎広業」による山脈と日輪。


そして、この絵葉書の差出人は、「市毛谷右衛門」。
これは明治の大横綱「常陸山(ひたちやま)」の本名です。
常陸山は、19代横綱。幕内通算150勝15敗24分預。
明治40年に米国へ渡り、ルーズベルト大統領に会見、ホワイトハウスで土俵入りを披露したとか。



出された日付は大正8年1月3日。
これは、常陸山の亡くなる3年前にあたります。

常陸山として引退した後、郷里水戸へ、本名を用いて送ったのだと思われます。
その時、寺崎広業画の絵葉書を年賀状に選んだのですね。
彼を選んだのは、明治39年の岡倉天心排斥運動おり、寺崎広業が大観らと共に茨城県五浦に移り住んだことから、茨城に所縁のある作家としてなのかもしれません。

この時(大正8年1月3日)の寺崎広業は病に伏せていたと思われます。
美術学校の日本画主任であり、帝室技芸員となって画壇の地位を上り詰めた寺崎広業は、大正8年の2月に54歳で亡くなります。

そうして見ると、この絵葉書は、太陽が山脈の向こう側へと沈んでいくように思えますね。

追記
沈む太陽があれば、登る太陽もがあります。
常陸山と同郷の力士、稀勢の里優勝おめでとう!